アーカイブ

ギャラリー フォト スポット(Gallery Photo SPOT)は、令和元年12月にオープンした新しいギャラリーで、荒川区で有名な商店街「ジョイフル三の輪」のなかにあります。このページはいままでの展示アーカイブです。

花島眞太郎写真展「The夜景&The花火」

ギャラリー開設の第1回目の記念写真展です。この10数年かけて撮りためた写真です。写真のなかで一番映える夜景と花火にフォーカスした作品展です。

展示期間:12月17日(月)-14日(土)

下の画像の中をクリックすると展示作品のページが開きます

加々美收&渡辺敏夫 二人展

令和2年の新年に相応しい二人展です。墨絵の素晴らしさに習字、 彫刻と日本の古典らしい作品展となりました。

展示期間:令和2年1月6日(月)-18日(土)

下の画像の中をクリックすると展示作品のページが開きます

みのり会 展示会

荒川区南千住に位置する「ジョイフル三の輪」商店街の一中側のグループ店舗「みのり会」のPR展示です。店舗の正面で各オーナーさんがポーズをとり、素敵なポスターが出来上がりました。

展示期間:1月20日(月)-31日(金)

上田恒彰 写真展

1973年に東洋現像所(現イマジカ)に入社、KODAKになってからも事務畑一筋ではありましたが、写真現像・加工の会社に勤務、入社動機を体現したく50歳代から写真撮影を再開しました。今般 満70歳になるにあたり、約20年の集大成をご披露します。最初で最後かも知れない個展にチャレンジした次第につき、未熟ですがご笑覧頂けたら幸いです。

展示期間:2月1日(月)-15日(土)

下の画像の中をクリックすると展示作品のページが開きます

Helene & Marc 写真展 “ENCOUNTERS”

HeleneさんとMarcさんが1年を掛け、日本の各地を旅した際に出会った地元の人たちや地方の景色などのスナップ集です。作品的にもしっかりした構図とシャッターチャンスを逃さない眼を持った素晴らしい写真群でした。

展示期間:2月17日(月)-29日(土)

下の画像の中をクリックすると展示作品のページが開きます

森田 繁 写真展

写真展をするにあたり、写真も山歩き 65 年続けてきました。テーマは即、山にしようと思いました。長い年月撮り続けてきた憧憬の山岳から選ぶのは大変苦労いたしました。拙い作品ですが私にとってはいずれも思い出の多い山々です。

展示期間:3月2日(月)-14日(土)

下の画像の中をクリックすると展示作品のページが開きます

菅谷安男 写真展

40年間、仕事や観光で旅した世界各国の景色やスナップのなかで、作品的に素晴らしいカットを30点選び、始めての個展を開きました。本人の期待を遥かに超えた評判で盛り上がった写真展となりました。

展示期間:3月16日(月)-28日(土)

下の画像の中をクリックすると展示作品のページが開きます

花島眞太郎 写真展 第2弾「桜・さくら・SAKURA」

春の風景を華やかに彩る桜は、絶大な人気を誇る被写体です。
今回は私の2回目の写真展で、日本の宝のひとつである「桜」をテーマに各地の景勝地を撮りためた写真を展示しました。このギャラリー内を日本の美しい「さくら・桜・SAKURA」で満開にしました。是非ご堪能ください。

展示期間:4月1日(水)-18日(土)

下の画像の中をクリックすると展示作品のページが開きます

天王祭

残念ながら本年は新型コロナウィルス感染拡大防止措置のため中止となりましたが、過去の天王祭で撮りためた祭りの楽しさや荘厳さをお伝えし、来年の本祭に繋げていきたいと考えます。
是非ご高覧頂ければ 宜しくお願い申し上げます

展示期間:6月1日(月)-13日(土)

下の画像の中をクリックすると展示作品のページが開きます

Helene & Marc 写真展 第2弾 “祭り MATSURIS”

“Matsuris” are such an incredible time of celebration and hospitality,when all generations are coming together to celebrate. I feel that during these joyful times, people are opening up and removing their everyday serious masks, which is what I wanted to capture.

展示期間:6月15日(月)-27日(土)

下の画像の中をクリックすると展示作品のページが開きます

佐藤尊子 写真展

ふとした日常で感じる一瞬 大自然の見せる美しさ、各地の伝統文化人と人との繋がり、それぞれの心の風景の1枚です。
カメラを手にしたきっかけは、年老いても楽しめる趣味と思い始めました。写真は知らない世界を覗けたり、人との出会い心の交流を深めてくれるものです。シャッターチャンスに恵まれた時の感動はより大きく膨らみます。

展示期間:7月1日(水)-31日(金)

下の画像の中をクリックすると展示作品のページが開きます

仏画・仏の道 展

仏とは人が目指すべき目標です。
人の世の辛老病苦は全て人の心に宿る欲と
それに付随する迷いから起きると思われます。
しかし人間にとって欲は悪いことだけではありません。文明の発達も欲によって生まれ育ってきました。
更に仏の道というと慈悲を言いますが、実はこれも非常に解釈が難しく、仏教で菩薩は未だ我を持ち続けている未完成の状態と言われています。
新暦・旧暦のお盆にあたるこの時期に「仏画・仏の道特集」を開催いたします。わたし自身特に信仰が深いわけではありませんが、大きな額に入った「仏画」を見る機会があり その厳かにして心を健やかにする見えない力が皆様に伝わると幸いです。
併せて「コロナ退散」も祈念いたします。

展示期間:8月1日(土)-30日(日)

下の画像の中をクリックすると展示作品のページが開きます

荒川 昔・むかし 展

昭和初期からS60年頃までの沢山の懐かしい写真でいっぱいです。出来る限り年代と場所を表記いたしました。展示会場では、「庁舎」「商店街」…「東京スタジアム」「都電」などテーマ別にコーナーを分けました。展示写真は一部足立区にある施設がありますが大部分が荒川区に存在するまたは存在した被写体です。ギャラリー内が昭和時代にタイムスリップした感覚をお楽しみください。

展示期間:9月1日(火)-18日(金)

下の画像の中をクリックすると展示作品のページが開きます

花島眞太郎 写真展 #3 「日本の春・夏・秋・冬

日本には「春」「夏」「秋」「冬」の四季があり、それぞれの季節が日本の自然の風景を彩り楽しませてくれます。日本列島は南北に伸びているので、地域によって気候の変化には差がありますが、温帯地域に属しているので、季節の変化が比較的はっきりしています。
四季がある国は日本以外にもありますが、日本は特に「春」「夏」「秋」「冬」の四季をしっかり感じることができます。
今回は日本の各地を廻り撮りためた季節の写真の特集です。

展示期間:9月23日(水)-10月22日(木)

下の画像の中をクリックすると展示作品のページが開きます

ハロウィン週間

当ギャラリーでは初めての「ハロウィン週間」となりました。今回は展示を主にせず、子供や家族でハロウィン関連ウォールステッカーの前で写真を撮ってお楽しみください。(呉々も三密にならないように!)

展示期間:10月26日(月)-31日(土)

下の画像の中をクリックすると展示作品のページが開きます

可愛いペットBest Shot

ペットは、人の心を和ませたり楽しませてくれる、といった理由で飼われる動物です。人はペットとの様々なやり取りを楽しんだり、その姿や鳴き声などを鑑賞したりします。
ペットの歴史は古く、ネコは古代エジプトの時代から現在のペットのような位置づけや、鼠の駆除などの実用目的で飼われ、また、イヌに関しても、太古の昔から実用と愛玩目的も兼ねて飼われていたことが推測されています。今回はその可愛いペットたちの写真集です。猫、犬、うさぎ等、愛くるしい眼差しや立ち振る舞いが私たちを和ませてくれる大事な家族たちです。

展示期間:11月2日(月)-11月28日(土)

下の画像の中をクリックすると展示作品のページが開きます

All About PhotoBook

フォトブックという言葉を耳にしたことがあっても、漠然としたイメージしか持っていない人も多いのではないでしょうか。デジタル技術の進歩によって、写真の撮影は身近なものになりました。 スマートフォンやデジタルカメラがあれば誰でも手軽に楽しめます。フォトブックはそんな写真を1冊からまとめられる個人的な写真集。時代に合ったアイテムとしてニーズが高まっています。旅行・結婚式・イベント記念等沢山の素材があり、それらを世界で1冊しか存在しないフォトブックに記録し記憶に残すことが大切な宝物になることでしょう。

展示期間:12月1日(火)-12月12日(土)

下の画像の中をクリックすると展示作品のページが開きます

All About Postcard

令和2年の最後の展示です。この時期には独自のデザインによる年賀状を作成するのが楽しみで3周は続いていると思います。
毎年購入する年賀状デザイン本を参考にしながらの作成品です。挿入する写真はその年に撮り歩いたものから年賀に適しそうなカットを選んでいるので、どの年も懐かしく想い出されます。ごゆっくりご覧ください

展示期間:12月14日(月)-12月26日(土)

下の画像の中をクリックすると展示作品のページが開きます

これからもご支援をよろしくお願いいたします。

令和3年もよろしくお願い申し上げます。

加々美收&渡辺敏夫 二人展 part2

今年も新年初めの展示は私たちの「二人展」から始まります。墨絵・習字とお正月に相応しい新作が沢山!! 町屋のカルチャー教室で腕を磨きつつ、この1年間描き上げた作品群です。ごゆっくり御覧ください。

展示期間:R3年1月6日(水)-23日(土)

下の画像の中をクリックすると展示作品のページが開きます

1月7日に政府より2回目の「緊急事態宣言」が発出されました。これにより以降の展示内容およびスケジュールの一部を変更いたします。ご了承の程お願いいたします。

日本の原(現)風景

この日本でも近代化の波に呑まれ古風なそして昔懐かしい建物や景色が失われつつあります。そこで今回は日本らしい風景を集め郷愁の想いを深めて頂ければと思います。一部現代の風景・光景も入れましたので(現)風景というタイトルとしました。
是非ご高覧の程、宜しくお願い申し上げます。

展示期間:R3年2月1日(月)-27日(土)

下の画像の中をクリックすると展示作品のページが開きます

一行の会 展

シルバー中心の書友で日々の苦も楽も筆にこめて楽しく一行を書いてみました

展示期間:R3年3月1日(月)-11日(木)

下の画像をクリックすると展示作品のページが開きます

Alice写真展 The First「無頓着のう・ご・き・子供の世界」

私はパリで成長し、私は2017 年以来東京に住んでいる。私は、取ることが完全に大好きである。
人々の写真 自発的に 通りおよび特別な瞬間をつかむ 私へのその話しおよび反射私の人生の経験および私の信念。私の写真を通して、私はあなたと分担したい 私の内側の世界および私の展望
ライフについて。私のイメージは、私にインスピレーションを与える感情を表現する。時々暗い、時々の快活神秘的または単にhuman.I は、主に、黒と白を使うコントラストによって遊ぶ 影とライトおよび神秘的な大気を作成する 。

展示期間:R3年3月15日(月)-27(土)

下の画像をクリックすると展示作品のページが開きます

上田恒彰写真展 第二弾 with 仲間たち 「横浜・湘南+α」

1年ぶり2回目の出展です。今回は、撮影自粛期間の中で、過去の眠っていたものを掘り起こすとともに、テーマ(ジャンル)で私が教えを乞う遠藤氏・芦氏のご両名に出展依頼し、快諾を頂くことができたことで、再度開催に至りました。なお、展示については、「遊び心」での組み合わせや、型にとらわれないレイアウトにチャレンジしたり、また仲間・家族の応援という総動員での取組みになっている点を含めまして、皆様にはご笑覧頂けたら幸いです。

展示期間:R3年4月1日(木)-17(土)

下の画像をクリックすると展示作品のページが開きます

Helene & Marc 写真展 #3 「シベリア鉄道に乗って」

2018 年 8 月上旬に、日本への旅行を始めました。私たちは長い時間夢を実現する機会を得ました:トランスシベリアに乗る。私たちがゆっくりと旅行するのを楽しんで、国を発見するために時間をかけるので、旅は 2 ヶ月近くにかかりました。この展示会は旅行の最初の部分を覆っており、有名なセントピーターズバーグから、スリュジャンカのバイカル湖のほとりの町に皆さんを連れて行きます。ロシアを渡ったように、この国のさまざまな側面を発見し、ロシアのおもてなしを経験することができました。カウチサーフィンの案内役マリアとミシャとアントンに感謝します。其れに電車にいくつかのランダムな出会いがありました。ヴァレンティンと彼の軍のカマナード、彼の孫を本当に誇りに思っていたヴァシーリーと呼ばれる引退したボクサー、彼ら全員が旅をとても特別なものにしました。そして Googletranslate のおかげで集中した彼らの物語は私たちの心に永遠に残るでしょう。私達はこの展示会があなたにロシアの味を与えることを願っています。

展示期間:R3年4月19日(月)-5月1日(土)

下の画像をクリックすると展示作品のページが開きます

花島眞太郎写真展 #3 「The タワー & The ブリッジ」

東京には2つの日本を代表するタワーがあります。東京タワーとスカイツリーです。そしてフォトジェニックなブリッジ(橋)は全国に点在しています。今回はこの2つのテーマにフォーカスし、東京・横浜を中心に、そしてマジックアワーの朝夕と夜景の時間帯に撮りためたカット群の展示です。展示コーナーは4つに分かれ、1.東京タワー 2.スカイツリー 3.横浜ベイブリッジ そして4.レインボーブリッジです。

展示期間:R3年5月3日(月)-29日(土)

下の画像をクリックすると展示作品のページが開きます

日本のお寺&神社探訪

日本には各地に多くの寺院(お寺)と神社が存在する。仏教寺院には、日本の歴史、仏教史、文化史、美術史上重要な寺院、国宝などの重要な文化財を有する寺院、広く信仰を集め日本の文化に重大な影響を与えた寺院などがあり、一方、日本固有の宗教である神道の信仰に基づく祭祀施設である神社には、産土神、天神地祇、皇室や氏族の祖神、偉人や義士などの霊などが神として祀られる。文部科学省の資料では、日本全国に約 8 万 5 千の神社がある。今回は、地元の素盞雄神社をはじめ、各地の有名な寺院と神社の特集展示です。

展示期間:R3年6月1日(火)-12日(土)

下の画像をクリックすると展示作品のページが開きます

Florent & Eric 写真展 「東京ストリート」

私たちフローレントとエリックは 2018 年に日本で出会いました。二人は互いに写真への情熱を共有していることに気づき、東京を探索することにしました。 街中では、街の雰囲気や通行人の表情を捉えています。 互いに補完し合う感性を持つ私たちのイメージは、東京の生活のスナップショットです。

御覧ください。

展示期間:R3年6月14日(月)-26日(土)

下の画像をクリックすると展示作品のページが開きます

「東京2020オリ・パラ特集」

1年延期になった「東京2020オリ・パラ」がいよいよ開催。今月23日にはオリンピック開会式、そして各種競技が始まります。今回は「ニッポンがんばれ!!」を合言葉にした応援展示です。まだまだコロナ収束は不透明で、有観客か、無観客開催か?に関わらず、日本選手の活躍を祈念したいと思います。

展示期間:R3年7月1日(木)-30日(金)

下の画像をクリックすると展示作品のページが開きます

「子ども美術館 iroToriDori」

たくさんの子どもたちが描いた絵画展です。子どもらしいタッチと鮮やかな色使いに魅了されます。心和む展示会になりました。

展示期間:R3年8月1日(月)-14日(土)

Remember Tokyo2020+

今月 8 日で 17 日間の Tokyo 2020 オリンピックが閉幕しました。私たちの予想を遥かに超えた日本選手たちの活躍でした。そこで急遽展示内容を変更し、本テーマを開催いたします。すべてのメダリストの展示はスペース的に足りませんので、金メダリスト達にフォーカスしました。お家テレビの前で大興奮したシーンを想い出しながらごゆっくりご欄ください。展示資料は読売新聞社のweb サイトから取得しました。その取材力とカメラマンの技量の高さに敬意を表します。また今月 24 日から始まるパラリンピックの日本選手たちの活躍にも期待したいと思います。

展示期間:R3年8月16日(月)-28日(土)

下の画像をクリックすると展示作品のページが開きます

ミクロの世界

近年写真の表現能力は飛躍的に向上しました。その主要な要因はカメラ特にデジカメが良くなり、レンズ種の多さと優れたレンズ性能で作者に製作意欲を持たせるセットが多くなったことです。今回テ ーマにした「ミクロの世界」を撮るマクロレンズもそのひとつ、人間の眼では見る事が困難な世界を見事に表現してくれました。正にファンタジーの世界です。お楽しみ下さい。

展示期間:R3年9月1日(水)-29日(水)

下の画像をクリックすると展示作品のページが開きます

The 夜景 & The 花火 part2

このテーマは2 年前に当ギャラリーが開設された第1 回目と同じテーマで2周年記念として再度選びました。今回も新作ともにお楽しみ頂けると思います。夜の光景は、七色に光輝く光線群が無数に存在し、景色は静物ショットであり、花火は定点ショットで撮ることが可能です。日本の美しい光景を存分にお楽しみ下さい。

展示期間:R3年10月1日(金)-23日(土)

下の画像をクリックすると展示作品のページが開きます